トップページ > 最近の若者は仕事を3年で辞める、と言われることについて

5年目や10年目の先輩を見て、辞めるか残るか判断する

経験のある読者も多いでしょうが、「誰それさんが、あなたのことをこういってる」と間接的に聞くほどいやなものはありません。たちまち怒りが沸騰し、自分の陰口をいったという人物の印象は最悪になります。もし、あなたが誰かの陰口をいって、それが相手に伝わったらどうでしょうか。「なあに、あんな奴に嫌われてもいい」と思うのは軽率で、むこうも黙ってはいません。相手はことあるごとに、あなたの陰口をいいふらします。そうなったら、もう泥仕合で収拾がつきません。相手が辛抱強くて陰口をいわない場合でも、あなたに好印象を持っていないのはたしかでしょう。

職場に敵を作るのは、百害あって一利なしです。ただでさえ仕事で忙しいのに、敵のことまで考えていたら身が持ちません。そういう状況に陥らないためにも、陰口はつつしんだほうがいいのです。どうしても文句がいいたいのなら、本人に直接いうべきです。それで角が立っても、陰口ほどにしこりは残りません。ひとは陰でほめろ。陰口は必ず相手の耳に入るものですが、反対にほめ言葉は、なかなか相手の耳に届きません。他人をほめてもおもしろくないし、ひとによっては嫉妬もするからです。

それだけに、ひとを介してほめ言葉を聞くのはうれしいものです。「あなたのことを、誰それさんがほめていた」と聞けば、誰しも悪い気はしません。相手から直接ほめられるとお世辞に聞こえますが、ひとを介すると本心に聞こえます。したがって、ひとをほめたいなら、陰でいったほうが効果があるのです。ただ、ひとをほめるにもコツがあって、なんでもほめればいいというものではありません。

日本最大級のアルバイト求人数を誇るバイトルで掲載をちょっとでも出せば、即効で応募があると思います。条件を絞りやすく調べやすいということで人気みたいですね。
わたしはリクナビネクスト掲載ページに紹介されていた、派遣コーディネートの会社に応募し、内定をもらうことができました。リクナビにしかのっていなかった会社です。
前の会社を退職し、あまりやる気のでない中で仕事探しをしていましたがマイナビに掲載ののサイトでは転職ノウハウなどがとてもわかりやすく載っていて、転職にやる気がでました。




したがって、いまの職場で働きながら面接を受けるのですが、就職活動をしていることは、内定がでるまで、いまの職場には内緒です。親しい同僚が相手でも、うっかり喋れぼ、陰口とおなじで、たちまち社内に知れわたってしまいます。いまの職場の居心地がいいなら、むろん辞める必要はありません。けれども居心地がいい企業は楽をできるぶん、学ぶことがすくないという欠点があります。

わたしが勤めていた広告代理店は小規模でしたが、親会社が大きかったので業績は安定していましたし、仕事は広告業界とは思えないほど楽でした。そのわりに収入はよく、休日も充分にとれます。唯一の問題は、社長がこのうえないワンマン経営だったことですが、わたしはなぜか気に入られて、入社から2年ほどで責任者のポストを与えられました。

最新情報
2013/11/26 注目記事を更新しました。
2013/11/22 新着記事を更新しました。
2013/11/21 退職してからの就職活動を更新しました。
2013/11/18 3年で辞めるという説を更新しました。
2013/11/16 自分の思いこみを更新しました。
2013/11/14 なんらかの見かえりを更新しました。
2013/11/13 最近の若者は仕事を3年で辞める、と言われることについてを更新しました。
2013/11/10 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
広告転職.comはたらいくen社会人の転職情報
広告代理店やWeb業界の求人をメインとした転職サービスサイトです。ひとがら登録で賢い転職を目指しましょう。自分らしさを大切にしてくれる転職サイトです日本最大の転職サイト、エン・ジャパン。転職に求人情報、無料で多彩なサービスをお届けしています。